大阪府吹田市のシャル動物病院は動物看護師を求人しています。

大阪府吹田市五月が丘の動物病院
ペットの悩みから飼い方まで|大阪・吹田・千里・南千里

電話番号:06-6816-7887急患随時受け付けいたしております。

『ワンちゃんの嗅覚』についてお話したいと思います。
HOME  >  教えて先生  >  『ワンちゃんの嗅覚』についてお話したいと思います。

『ワンちゃんの嗅覚』についてお話したいと思います。

犬のイラストワンちゃんも私たち人間と同じように、視覚・嗅覚・聴覚・味覚・触覚といった五感を働かせて生活しています。

しかし、それぞれの感覚器の能力は人間とは大きく異なっているのです。

私たち人間は、五感の中で視覚がとても重要で、情報を集めるためには80%を『見る』という視覚に頼っています。しかしワンちゃんは、嗅覚と聴覚がとても発達していて、主に『匂い』と『音』、そして次に『見る』の順番でいろいろな情報を集め、判断しています。

ワンちゃんはどれくらい匂いがわかるの?

ワンちゃんの嗅覚はどのぐらい?ワンちゃんの五感の中でもっとも優れているのが『嗅覚』です。

ワンちゃんの鼻の粘膜は複雑な迷路状になっているため表面積がとても広く、
その粘膜にある匂いを感じる細胞も人の40倍もあります。

ワンちゃんは、鼻だけでなく脳の嗅覚を司る部分も非常に発達しているので、
匂いを嗅ぎわける能力は、人の100万~1億倍と言われています。

どうしてお尻をクンクンするの?

肛門腺ワンちゃんは匂いを嗅ぐことでいろいろな情報を収集し、判断しています。

他のワンちゃんと出会ったときに、お尻の匂いを嗅ぐのは、肛門の横にある肛門腺からの分泌物の匂いによって、相手の年齢や性別などの情報を得るためです。

この行動は、ワンちゃん同士の正式なごあいさつで『名刺交換』ですね。

 

おやつが入っているのはどっちの手?

 

 

ワンちゃんの優れたこの嗅覚を活かして、警察犬や麻薬探知犬、災害救助犬などが活躍しているのです。
みなさんもおうちで、『嗅覚』を使ってワンちゃんと遊んでみてください。

①宝探しゲーム

②おやつが入っているのはどっちの手?→

③かくれんぼ

・・・・・などなど。 楽しいですよ~!