大阪府吹田市のシャル動物病院は動物看護師を求人しています。

大阪府吹田市五月が丘の動物病院
ペットの悩みから飼い方まで|大阪・吹田・千里・南千里

電話番号:06-6816-7887急患随時受け付けいたしております。

わんちゃんが食べたらダメなものは・・・?
HOME  >  教えて先生  >  わんちゃんが食べたらダメなものは・・・?

わんちゃんが食べたらダメなものは・・・?

わんちゃんが食べたらダメなものは・・・?今回は『ワンちゃんの中毒』についてお話したいと思います。
人間の食べているものをほしがるから・・・と言って食べさせてしまうと大変なことになる可能性も・・・。

みなさんがよく知っているものは、『たまねぎ・ネギ』それと『チョコレート』。これは有名ですよね。
それ以外にも実はたくさんあるんです。

わんちゃんが実際に食べてしまって、病院に来られるもので多いものをいくつか挙げてみました。

ネギ類(たまねぎ・長ネギ・にら・にんにく)

赤血球中のヘモグロビンを変化させ破壊し、貧血や血尿を引き起こします。
ほかには嘔吐・下痢・黄疸なども引き起こします。加熱処理しても毒性は失われません。

 

チョコレート・ココア

興奮状態になります。震えやてんかん、けいれんなども引き起こします。

 

コーヒー・紅茶・コーラ

カフェインの影響で下痢、嘔吐、けいれんなどを引き起こします。

 

イカ・エビ・タコ・貝

嘔吐、歩行異常、けいれんを引き起こすことがあります。

 

ぶどう・レーズン

急性の腎不全になる可能性があります。
実際、大量に食べて死亡した例もあります。

 

マカダミアナッツ

嘔吐、沈うつ、運動失調などが見られます。

 

キシリトール

嘔吐が見られ、低血糖になり、次第に嗜眠、運動失調、虚脱へと進行していきます。

 

ビーフジャーキー

肝臓・腎臓・すい臓の障害などを起こします。
小さいころから多量に与えていると、3歳くらいで肝機能不全で死亡することもあります。

 

鳥の骨

鋭く割れるので、のどや消化器官に刺さりやすいです。

 



このように人は食べても平気なのに、わんちゃんにはダメなものがあるんです。
こういった食べ物は、飼い主さんが気を付けてあげないとわんちゃんはうっかり食べてしまいます。
飼い主さんがしっかり注意してあげてくださいね!