大阪府吹田市のシャル動物病院は動物看護師を求人しています。

大阪府吹田市五月が丘の動物病院
ペットの悩みから飼い方まで|大阪・吹田・千里・南千里

電話番号:06-6816-7887急患随時受け付けいたしております。

当院にご来院される皆さまへ
HOME  >  病院紹介  >  当院にご来院される皆さまへ

当院にご来院される皆さまへ

診察の順番について

診察のご予約はお受けしておりません。
受付の順番に診察させて頂いておりますので、ご了承ください。
ただし、緊急の場合はすぐに対応させて頂きますので、受付でお伝えください。

お連れくださる方について

どんな些細なことでもお知らせいただくと診療の際にとても役に立ちます。
動物は人間の言葉をしゃべれません。受診する動物の様子をよく分かっている方が一緒にお連れください。

待合室でのお願い

病院には様々な状態の動物たちが来られます。病院に来ただけで不安になっている動物も少なくありません。少しでも動物たちと飼い主さんが安心して待合室で過ごせるように皆さまのご協力をお願いします。

ワンちゃんは必ずリードを付けてお待ちいただくようお願いします。

待合室が狭く申し訳ありませんが、なるべく他の動物の刺激にならないように、外でお待ち頂く時も通行人に迷惑がかからないようにリードは短めに持ってあげてください。

ワンちゃんと待合室で待っていただいているとき・・・

ワンちゃんのリードを長く伸ばした状態で持っていたり、ノーリードは絶対にしないでください。ほかのワンちゃんやネコちゃんも来られます。
みんながフレンドリーな子ばかりではありません
待合室で激しく鳴いてしまうワンちゃんは、受付を済ました後お車でお待ちください。

小さなワンちゃん

小さい子は、飼い主さんのおひざの上で抱っこしてあげてください。
そのほうが、ワンちゃんも安心できます。
おひざの上がリラックスできる場所になると、仰向けにして寝かせることもできるようになります。

大きい・抱っこできないワンちゃん

リードを短く踏むと、ワンちゃんは自然とフセの体勢をとるようになります。大きな子や抱っこが苦手な子は、飼い主さんの足もとで待たせてあげてください。大きな子や抱っこが苦手な子は、飼い主さんの足もとで待たせてあげてください。
リードを短く踏むと、ワンちゃんは自然とフセの体勢をとるようになります。ワンちゃんを飼い主さんの足の中へ入れてあげると、さらに良いと思います。

ほかのワンちゃんや人が苦手な子

ワンちゃんのお顔が、かべ側に向くように座らせます。まずなるべく入口から遠いところに座ります。
そしてワンちゃんのお顔が、かべ側に向くように座らせます。
そうすることで、ほかのワンちゃんや人の姿が見えにくくなり、安心して待つことができます。
待合室で、このような感じで待ってみてはいかがでしょうか?

モデル協力は、
わんわん教室卒業生シェパードのカールくんです。

ネコちゃんはケージか洗濯ネットなどに入れた方が安全です。

他の動物や鳴き声に驚いて逃げ出さないためにも、抱いてお待ち頂くことはしないでください。

院内でのお願い

院内では携帯電話はマナーモードにして、携帯電話の使用はご遠慮ください。
ご飲食・喫煙もご遠慮くださいますようお願いします。

他の病院から転院される場合

他の病院から転院させる場合は、これまで行った検査や治療などを分かる範囲で教えてください。
これまでの検査や治療内容は、診察の際にとても重要な判断材料となりますので、
ご協力お願いします。処方させたお薬などがありましたらご持参ください。