大阪府吹田市のシャル動物病院は動物看護師を求人しています。

大阪府吹田市五月が丘の動物病院
ペットの悩みから飼い方まで|大阪・吹田・千里・南千里

電話番号:06-6816-7887急患随時受け付けいたしております。

ねこちゃんのデンタルケア
HOME  >  考えてあげたい健康管理と予防  >  猫(ねこ)ちゃんの健康管理  >  ねこちゃんのデンタルケア

ねこちゃんのデンタルケア

猫(ねこ)ちゃんの歯は虫歯になることは少ないですが、何もお手入れをしていなければ歯垢が付き、お口のトラブルの原因となります。歯垢は口の中に残った食べカスや細菌が原因となって歯に付着します。そのまま放っておくと、歯垢は段々と歯石へと変化していきます。

歯石が付着した歯の表面は凸凹になり、さらに歯垢が付きやすくなってしまいます。この悪循環により歯肉に炎症が起こり、さらには歯周炎や歯根膿瘍など歯周病へと発展していきます。

歯周病になると歯肉から出血しやすくなるとともに口臭もするようになります。さらにひどくなると歯がぐらついたり抜けたりしてしまいます。また、歯の痛みから口の周囲を触られることに神経質になったり、フードをあまり噛まずに飲み込むようになります。

歯周病はその他、細菌自体や細菌が出す毒素が血液中へ入り、それによって心臓、肺、肝臓、腎臓、関節などに病気を引き起こすことが知られています。歯周病の一番の原因となっている歯垢は毎日の歯磨きによって効果的に除去することが出来ます。人と同じように歯は健康の源です。大切な家族の一員の健康のために毎日のデンタルケアを習慣づけましょう。
一度付いてしまった歯石はおうちでは完全に除去することができませんので、ひどく付いている場合はまず動物病院できちんと除去してもらってから、おうちでのデンタルケアをしましょう。

  • こんな症状は?
  • お家で簡単予防

このような症状が見られるときは、歯石や歯周病の可能性がありますので早めに診察をしてあげてください。

  • 口臭が気になる
  • 硬いものを噛むと歯茎から出血する
  • 歯肉が赤く炎症を起こしている
  • よだれが多い
  • 食事をあまり噛まずに飲み込む
 

歯磨き

仔猫のうちから口のまわり口の中を触ることに慣れさせておくとよりスムーズにできるようになります。
まず、口の中を指で触わることから始めます。慣れてきたら指にガーゼを巻いて歯と歯肉の表面を軽くマッサージするようにこすります。上の奥歯のあたりは特に歯石が付きやすいので、ここだけでもしっかり磨いてあげましょう。ガーゼにも慣れてきて猫用の歯ブラシを使えるようになるとさらにベストです。

ガーゼや歯ブラシに歯磨き粉をつけて行うとさらに効果的です。ただし、人間の歯磨き剤は使用しないで下さい。猫用の歯磨き剤は猫(ねこ)ちゃんの好む味付けがしてありますし、もし飲み込んでも安全なようになっています。

慣れないうちは猫(ねこ)ちゃんも嫌がってうまくできないかも知れませんが毎日少しずつ続けけてあげてください。そして、歯磨きが猫(ねこ)ちゃんにとっても楽しい時間になるように常に優しく褒めながらしてあげてください。歯磨きの後にご褒美を与えるときはデンタルガムを与えるといいと思います。

デンタルガムやデンタル用のおもちゃを噛ませる

ガーゼや歯ブラシがどうしても苦手な子の場合、デンタルガムやデンタル用のおもちゃを噛ませることでもある程度の効果は期待できます。また、ブラッシングが要らない歯磨き剤もありますので、どうしても歯磨きができない子の場合、これらの製品を利用されるのも良いと思います。

食事

人間の食べ物や軟らかいフード(特に半生タイプ)をよく食べている子は歯石が付きやすいので、できるだけドライフードを与えるようにしましょう。歯垢や歯石の付着防止を目的とした処方食もありますので、どんなフードがいいのか分からない場合は動物病院で相談しましょう。

デンタルケアのおさらい
  1. 仔猫の時から歯磨きをはじめましょう。
  2. 歯磨きが一番効果的ですが、もし歯磨きを嫌がる場合は、その子に応じた無理のない方法で毎日してあげることが大切です。
  3. 猫(ねこ)ちゃんにとっても楽しい時間になるように優しく褒めながらしましょう。
    (歯磨きの後にご褒美を与えるときはデンタルガムが理想的です。)

当院では、医療用の歯磨き剤・デンタルガム・ブラッシング不要の歯磨き剤なども取り扱っております。 デンタルケアの方法も含め、いつでも気軽にご相談下さい。