大阪府吹田市のシャル動物病院は動物看護師を求人しています。

大阪府吹田市五月が丘の動物病院
ペットの悩みから飼い方まで|大阪・吹田・千里・南千里

電話番号:06-6816-7887急患随時受け付けいたしております。

ねこちゃんの健康チェック
HOME  >  考えてあげたい健康管理と予防  >  猫(ねこ)ちゃんの健康管理  >  ねこちゃんの健康チェック

ねこちゃんの健康チェック

猫(ねこ)ちゃんは言葉で体の異常を訴えることができません。
普段からスキンシップを取り、早く体の異常に気付いてあげることが、病気の早期発見になります。

日頃の健康チェックで、どんな些細なことでも、いつもと様子が違うとおもったら、お気軽に当院へご相談ください。早めの相談・診察をすることで、病気の早期発見・早期治療がおこなえます。
また、いつから異常が起こったのか・どんな状態なのか・時期や経過などの情報は適切な診断や治療のためにも大切ですので、いつもと様子が違うとおもったら、猫(ねこ)ちゃんの様子をしっかり観察してください。必要であればメモをとっておきましょう。

  • 目・鼻・口・耳
  • 皮膚・体表・足・便・尿
  • 嘔吐・呼吸・食欲
  • 行動・その他

  • 涙や目ヤニが多い。
  • 目をよくこする。
  • 赤く充血している。
  • 白目が黄色っぽい。
  • 眼球が濁っている。
  • 左右の瞳の大きさや色がいつもと違う。

目に異常があらわれるのは、目の病気の時だけでなく全身的な病気が原因のこともありますので、他の症状がないかも観察しましょう。

  • 鼻水がたくさん出る。
  • くしゃみをよくしている。
  • 鼻血がでる。
  • 鼻が詰まっている。

匂いから多くの情報を収集するねこちゃんにとって鼻はとても大切な器官です。鼻が乾いているかどうかを健康のバロメーターとする話も聞きますが、健康なときでも睡眠中や寝起きなどでは鼻が乾いています。ただし、ずっと乾いているときは発熱の疑いがあります。また、猫はめったなことでは鼻血を出さないので、鼻血が出たらすぐに動物病院へ。

  • 口臭がする。
  • 歯肉が赤く腫れている。
  • 硬いものを噛むと出血する。
  • よだれが多い。
  • 歯石がたくさん付いている。
  • 口のまわりをさわると痛がったり、嫌がる。
  • 歯肉や舌の色が白っぽい。

健康なねこちゃんの歯肉や舌はきれいなピンク色ですが、赤く腫れている時は口内炎や歯肉炎の可能性があります。また貧血の時には白っぽくなります。歯石がたくさん付いていて、口臭がひどい場合は歯周病の恐れがありますので、動物病院で診てもらいましょう。もちろん歯石が付かないように日頃のデンタルケアが大切ですが、付いてしまった歯石はひどくならないうちに動物病院できれいに取ってもらいましょう。

  • 耳アカがたくさん出る。
  • 耳ダレが出る。
  • 臭いがする。
  • 頭を振ったり、耳をしきりに掻く。
  • 頭を傾けている。

耳の中に異常があると、頭を振ったり、後ろ足で耳を掻いたりします。耳アカや耳ダレが出ているときは外耳炎や耳ダニがいる可能性がありますので早めに動物病院で診てもらいましょう。

皮膚

  • 皮膚に炎症やただれがある。
  • フケが多い。
  • 毛づやが悪くなった。
  • 被毛が異常に抜ける。
  • 体をしきりに痒がる。
  • 体臭がきつくなった。
  • 皮膚の色がいつもと違う。
  • ノミやダニがいる。

健康な被毛にはつやがあり、換毛期以外では撫でても過度には抜けません。抜け毛がとても多いときは皮膚の状態も見てみましょう。健康な皮膚はピンク色で弾力があり、フケやにおいもさほどなく、ベタベタしていることもありません。被毛や皮膚に異常が出るときは皮膚病の時だけでなく内臓系やホルモンの病気など全身的な病気の場合もありますので他の症状がないかも観察しましょう。

体表

  • 触れると嫌がったり、痛がるところがある。
  • 皮膚や乳腺にしこりがある。
  • お腹が膨らんでいる。

体表にしこりや痛がるところがあるときは早めに動物病院で診てもらいましょう。また、妊娠の可能性がないのにお腹が大きく膨れていたり、張っているときは何らかの病気の疑いがありますので要注意です。

  • びっこをひく。
  • 足にさわると痛がる。
  • 歩き方がいつもと違う。
  • 足先をよく舐める。
いつもと歩き方が違うときは足や腰に異常があるかもしれません。続くときは早めに動物病院で診てもらいましょう。

便

  • 下痢が続く。
  • 便に粘液や血液が混じる。
  • 排便姿勢をとっているのに便が出ない。
  • 排便時に痛がる。
下痢が続いたり、血液が混じった下痢をしたときは、すぐに動物病院で診察を受けてください。また、肛門のあたりが便で汚れているときは下痢をしている可能性がありますので、便の状態を確認してください。便秘の場合、食欲や元気がいつも通りあれば1~2日は様子を見てみてもよいとは思いますが、続く場合や食欲・元気がなくなったり、痛がるなど他の症状もある場合は早めに動物病院で診てもらいましょう。

尿

  • 色がいつもより濃い、赤っぽい、または薄い。
  • 尿に血液が混じる。
  • 尿が濁っている。
  • 尿がキラキラと光る。
  • 尿がいつもより臭う。
  • 排尿回数が多い。
  • 排尿姿勢をとっているのに尿が出ない。
  • 排尿時に痛がる。
  • 水の飲む量や尿の量が多くなった。
正常な尿はやや黄色っぽい透明で、多少はアンモニア臭がありますが、不快な刺激臭などはありません。尿の変化はなかなか気付きにくいところもありますが、尿の異常が生命に関わることもありますので、日頃から少し意識して観察するようにしましょう。排尿姿勢をとっているのに尿が出ない場合は緊急ですので、すぐに動物病院で診察を受けてください。

嘔吐

  • 嘔吐や吐き気が続く。
  • 吐いたものの中に異物や血液が混じる。
ねこちゃんは健康なときでも胃の調子を整えるために吐くことがあります。1度だけの嘔吐で、吐いた後も普段通り食欲や元気などある場合は様子を見てもいいと思います。嘔吐が続く時や食欲・元気がないときは動物病院で診てもらいましょう。また、異物や薬品を口にした後で急激に吐き気をもよおした場合は、すぐに動物病院に連絡して指示をあおいでください。

呼吸

  • くしゃみや咳をよくする。
  • 苦しそうな息をする。
  • 呼吸時にゼェーゼェー、ヒューヒューなど異音がする。
  • 呼吸が浅く、舌も紫色になっている。
  • 大きないびきをかく。
いつもと違う苦しそうな呼吸、速くて浅い呼吸、頻繁に咳をしているときは生命に関わることもありますのですぐに動物病院へ行きましょう。呼吸器の病気のほか、心臓病でも呼吸困難になることもあります。

食欲

  • 食欲がない。
  • 食欲はあるのに、やせてきた。
食欲は人と同様、健康のバロメーターです。食欲がない状態が仔猫で半日、成猫で1日以上続く場合は診察を受けてください。また、食欲があってよく食べているのにやせてくる場合は、糖尿病などのホルモン病や慢性的な病気の疑いもありますので、動物病院で診てもらってください。

行動・その他

  • 異常な興奮。
  • よろけたり、震えたりする。
  • 発作やケイレン。
  • 運動をしたがらない。
  • お尻を気にして地面にこする。

気づいてあげて

生活環境がとくに変わっていないのに、いつもと違うしぐさや行動をしたり、様子がいつもと違うときは、病気が原因のこともあります。
どんな些細なことでも、いつもと様子が違うと思ったら、大切な猫(ねこ)ちゃんの為に早く動物病院で診てもらったり、相談してあげてください。
どんな病気でも早期発見・早期治療が大切です。