大阪府吹田市のシャル動物病院は動物看護師を求人しています。

大阪府吹田市五月が丘の動物病院
ペットの悩みから飼い方まで|大阪・吹田・千里・南千里

電話番号:06-6816-7887急患随時受け付けいたしております。

ねこちゃんのフィラリア症
HOME  >  考えてあげたい健康管理と予防  >  猫(ねこ)ちゃんの病気予防  >  ねこちゃんのフィラリア症

ねこちゃんのフィラリア症

猫ちゃんにもフィラリア症があるの?

フィラリア症とは、心臓や心臓のすぐ近くの肺動脈に犬糸状虫(フィラリア)と呼ばれる虫が寄生する病気で、これまでは犬(わん)ちゃんの病気とされていました。
しかし最近の研究によって犬(わん)ちゃんだけでなく猫ちゃんにもある程度の率で感染していることがわかってきました。
これまで、猫ちゃんのフィラリア感染があまり注目されなかったのは、診断法が難しく、発見が困難なためです。
犬(わん)ちゃんのフィラリア感染率が高い地域では、猫ちゃんの感染率も高くなります。

フィラリアは本来犬(わん)ちゃんに寄生する虫なので、猫ちゃんに寄生する確率は低いのですが、全くないわけではなく、猫ちゃんでの寄生率は1~4%です。しかし、猫ちゃんはフィラリアの子虫や成虫に対する生体内組織反応が強く現れるため、わずか数匹の寄生でも死んでしまうこともある怖い病気です。

  • 感染すると?
  • 感染経路
  • 予防方法はあるの?
  • 予防期間は?

フィラリアに感染すると?

猫ちゃんは犬(わん)ちゃんとは異なり、猫特有の免疫反応により主に肺に病変を形成し呼吸器障害を起こすことが多いです。主にしつこい咳や嘔吐、呼吸困難などの症状がみられますが、中には突然食欲元気をなくし、急死する急性症状も多くみられます。

また、血液の巡りが悪くなることから肝臓や腎臓に障害が出ることもあります。その他、猫ちゃんではまれに脳に寄生して神経症状を示すこともあります。

猫ちゃんにはフィラリア症特有の症状というものがなく、何らかの症状が出たときには、かなり障害が進んでしまっている場合がほとんどです。

フィラリアの感染経路

猫へのフィラリア感染経路猫ちゃんでは寄生数が少ないことや、終宿主ではないために、成虫になっても性成熟が不完全な成虫が多いために、猫ちゃんの血液中に子虫(ミクロフィラリア)が現れることがほとんどありません(これが、猫ちゃんのフィラリア症の診断が難しい理由のひとつです)。

そのため、『フィラリア症の犬(わん)ちゃん → 蚊 → 猫ちゃん』という順序で感染が成立します。

フィラリアの予防方法はあるの?

猫ちゃんの場合、フィラリア症に特徴的な症状がなく、また寄生数が少ないことや、終宿主ではないために成虫になっても性成熟が不完全な成虫が多く、猫ちゃんの血液中に子虫(ミクロフィラリア)が現れることがほとんどありません。

そのため、フィラリア成虫の抗原検査やミクロフィラリア検査でも検出不能のことが多く、生前の診断が非常に難しい病気の1つです。また、例え診断できても、現在、安全で有効な治療法がありません。

現在、猫ちゃん用のフィラリア予防薬として毎月1回飲ませるタイプと、皮膚に滴下するスポットタイプもあります。これらの予防薬は、予防率が100%ですし、猫ちゃんのフィラリア症にとって現状一番安全で確実な対策法となります。

ただ、猫ちゃんの感染率は1~4%と低いそのため、猫ちゃんに対する予防薬の投与については獣医師の中でも意見が分かれていますが、感染した場合は有効な治療法がなく、急激な症状を示して死に至ることも多いため、現時点では、やはり蚊の多い地域やフィラリア症の犬(わん)ちゃんが多い地域では、予防をしてあげる方がよいと考えられています。

フィラリアの予防期間は?

フィラリアの予防期間は蚊が発生しはじめた次の月から蚊が見られなくなった次の月までです。まず、知って欲しいのはフィラリアの予防薬の効き方です。

蚊の吸血により犬(わん)ちゃんや猫ちゃんの体に侵入した感染幼虫は約1~2ヶ月間は皮下や筋肉内でとどまり何度か脱皮をして約2cm程の大きさにまで成長した後、血管内に侵入して心臓や肺動脈に住み着き、成虫にまで成長するのですが、フィラリアの予防薬はこの皮下や筋肉内にいる少し成長した幼虫を駆除することでフィラリア症を予防するお薬です。

つまり、投与後1ヶ月間効果が持続してフィラリアの感染を防いだり、蚊に刺されないようにするお薬ではなく、投与した時点で犬(わん)ちゃんや猫ちゃんの皮下や筋肉内でとどまっている幼虫(感染後1~2ヶ月までの幼虫)を血管内に侵入する前に駆除することでフィラリア症を予防しています。そのため蚊が見られなくなった翌月まで投与しないとフィラリアに感染してしまう可能性があります。

また、幼虫が血管内に入ってしまうと予防薬の効果は得られなくなってしまいますので、途中で投与を忘れたり、やめてしまうとそれまでの予防が無駄になってしまうこともありますので予防期間の間はしっかりと投与してあげましょう。

蚊の体内でフィラリアの子虫が感染可能な幼虫に発育するためには、ある程度平均気温が上昇した状態が続くことが必要となります。そこで、現在フィラリアの感染期間を知る方法として、毎日の最高気温と最低気温からHDUという値が計算され、そのHDUを用いてフィラリア感染可能期間が算出されています。

このHDUにより算出された大阪府のフィラリア感染期間の過去10年間のデータによると、

  • もっとも早い感染開始日は、4月29日
  • もっとも遅い感染終了日は、11月13日
です。したがって確実に予防するためには、大阪では5月から12月までフィラリアの予防薬を投与する必要があります。

※HDU(Heartwarm Development heat Unit)
フィラリアを媒介する蚊の体内で、フィラリアの子虫が感染幼虫に発育するために必要な積算温度の単位。現在、この数値から全国各地のフィラリアの感染期間が算出されています。