大阪府吹田市のシャル動物病院は動物看護師を求人しています。

大阪府吹田市五月が丘の動物病院
ペットの悩みから飼い方まで|大阪・吹田・千里・南千里

電話番号:06-6816-7887急患随時受け付けいたしております。

ねこちゃんのノミ・マダニの予防
HOME  >  考えてあげたい健康管理と予防  >  猫(ねこ)ちゃんの病気予防  >  ねこちゃんのノミ・マダニの予防

ねこちゃんのノミ・マダニの予防

  • ノミについて
  • ノミが原因となる病気
  • マダニについて
  • マダニが原因となる病気
  • 駆除・予防方法

ノミについて

ノミにはイヌノミ、ネコノミ、ヒトノミなどたくさんの種類がいますが、現在日本では主にネコノミが犬(わん)ちゃんにも猫ちゃんにも寄生します。

ノミの成虫は動物の体に寄生して吸血、産卵を行いますが、卵や幼虫、サナギは犬(わん)ちゃんや猫ちゃんの体から落ちて、じゅうたんや畳の中、部屋の隅などに潜んでいます。成虫は氷山の一角で、成虫が5匹いれば卵、幼虫、さなぎが95匹いるといわれています。そのため、成虫だけを駆虫・予防するのではなく、犬(わん)ちゃんや猫ちゃんの周辺にいる『ノミ予備軍』も駆除することが大切です。

ノミの繁殖には高温多湿の環境が適しているため、春から夏はノミが一番繁殖しやすい季節ですが、最近ではエアコンや加湿器などによって室内の温度や湿度が比較的一定に保たれていますので、寒い冬でも室内はノミにとって繁殖するのに十分な環境で、ノミの繁殖は1年中可能になってきています。

一般的にノミは15℃以上で繁殖できます。また、環境が悪くても、さなぎの状態で約1年は越冬できることも分かっています。そのため、暖かい季節だけでなく、1年中の対策が必要です。

 

ノミのサイクル

ノミは、卵→幼虫→さなぎ→成虫という形で発育します。
一般的な条件では3~4週間でこのサイクルを繰り返しますが、卵やさなぎは乾燥や低温、殺虫剤に強く、環境が悪いと環境が良くなるまでじっと卵やさなぎの状態で待っています。

動物に寄生した成虫は吸血を続けて生活してきます。成虫の寿命は10~20日くらいですが、その間に一日25~50個の割合で一生に2000個以上の卵を産みます。
幼虫は成長すると繭をつくり、その中でさなぎになります。 さなぎは乾燥、低温、殺虫剤の影響を受けず、約1年くらいはさなぎのまま新しい宿主が来るのを待ち続けることができます。さなぎは近くを通る動物の熱や振動を感知して成虫になり、その動物に寄生します。 ノミのライフサイクル 卵は動物の体から落ちて、じゅうたんや畳の中、部屋の隅に潜んでいます。卵は乾燥、低温、高温、殺虫剤にも強く、通常2~12日で孵化します。
卵からかえった幼虫は周りのほこりの中にある成虫の糞や食べ物のカスなどを栄養分として成長していきます。環境にもよりますが、幼虫の期間は9~200日です。

ノミが原因となる病気

1.ストレス

ノミに刺されることによる痒みは猫ちゃんにとってもかなりのストレスになります。中には痒みから満足に寝ることもできずに睡眠不足になったり、ストレスから体調を崩してしまう子もいます。

2.皮膚炎

ノミが猫ちゃんの体に寄生すると、激しい痒みのために引っ掻いたり噛んだりして、その時できた傷口から細菌などが感染して皮膚炎を起こします。また、ノミの唾液に含まれる物質によってアレルギーを起こすことがあり(ノミアレルギー性皮膚炎)、さらに激しい痒みと、背中からシッポの付け根にかけて脱毛し茶色のブツブツが特徴です。ノミに対してアレルギーを持っている子はノミが1匹でも寄生しただけでノミアレルギー性皮膚炎を起こしますので、しっかりと予防してあげることが必要です。ノミは人も刺すことがあり、激しい痒みや発疹を起こすことも少なくありません。

3.貧血

ノミは動物の血液を吸って栄養を得て、産卵を繰り返しています。大量のノミが寄生すると吸血によって貧血になることがあります。

4.瓜実条虫「うりざねじょうちゅう」(消化管内寄生虫)の媒介

瓜実条虫「うりざねじょうちゅう」ノミの吸血によって感染はしませんが、痒みのために皮膚を噛んだり舐めたりしたときに一緒にノミも食べてしまうことがあります。それによってノミの体内にいる条虫の卵が猫ちゃんに感染します。瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)は検便検査では見つけにくく、肛門周囲に白い米粒状のものが動いていたり、猫ちゃんが座っていたところに白いゴマのようなものが落ちているのを見ることで発見されます。また、この瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)は人にも感染することがあります。

5.猫ひっかき病

猫ひっかき病の原因菌であるBartonella henseleaはノミの糞中に多く存在し、グルーミングなどの時に猫ちゃんの爪や歯にこの菌が付着します。そして、猫ちゃんにひっかかれたり、噛まれたりすることで、抵抗力のない人が発症する人畜共通伝染病です。この菌は猫ちゃんには無症状で、人にのみ症状を発現させます。人の症状としては、丘疹や水疱、痛みを伴うリンパ節の腫脹、発熱などがみられます。

マダニについて

マダニマダニには「マダニ属」「チマダニ属、」「コイマダニ属」など13属、650種以上もいます。
バベシア症を媒介する「フタトゲチマダニ」など多くのマダニは春から夏に活動しますが、野兎病やヘパトゾーン病を媒介する「キチマダニ」は1年中活動しています。そのため、ノミと同様1年を通じての予防が大切です。

多くのマダニは「卵 → 幼ダニ → 若ダニ → 成ダニ」のサイクルを繰り返しますが、幼ダニ、若ダニ、成ダニすべてのス テージで吸血します。
幼ダニ、若ダニは成長のために一時的に寄生して吸血し、また地上で生活しますが、成ダニは産卵のために吸血します。成ダニは吸血前は わずか1mmほどの大きさですが、血液を吸うと100倍以上の大きさに体がパンパンに膨らんで、黒いイボのように皮膚に喰い付いています。

一匹の雌が産む卵の数は数千個にもなり、卵を産み終えると死にます。

 

マダニのサイクル

マダニは「卵 → 幼ダニ → 若ダニ → 成ダニ」という形で発育します。
マダニは幼ダニ、若ダニ、成ダニすべてのステージで吸血を行います。一般的には春から夏に活 動を開始し、冬は冬眠していますが、マダニの中には冬でも一年中活動する種類もいますので、一年を通じて予防することが大切です。

成ダニは寄生したら1週間ほど吸血を行い、その後交尾をします。交尾が終わると地上に戻り産卵を始めます。一匹の雌が産む卵の数は数千個にもなり、産卵を終えると雌は死んでしまいます。  
幼ダニと同様、若ダニも成長のために一時的に寄生して吸血を行います。 ダニのライフサイクル 地上の卵は数週間で孵化して、幼ダニとなります。
卵からかえった幼ダニは成長のために一時的に寄生して吸血し、また地上で生活します。

マダニが原因となる病気

1.貧血

マダニは自分の体重の100倍以上の血液を吸血します。そのため、大量にマダニが寄生すると貧血を起こすことがあります。

2.アレルギー性皮膚炎

マダニの唾液に含まれる物質によってアレルギーを起こすことがあります。それによって皮膚炎(アレルギー性皮膚炎)を起こします。

3.ヘモバルトネラ症

ヘモバルトネラ症の病原体はHaemobortonella felisというリケッチアの1種で、別名を猫伝染性貧血とも言います。この病原体は猫ちゃんの血液中の赤血球に付着し、そのため赤血球がどんどん破壊されてしまいひどい貧血を起こします。感染経路はまだはっきりと分かっていませんが、マダニなどの吸血昆虫や感染した猫ちゃんとの喧嘩により感染すると言われています。感染しても必ず発症するわけではありませんが、他の病気やウィルス感染(特に猫白血病ウィルス、猫エイズウィルス)、妊娠、手術、旅行などストレスを受けたときに発症しやすく、症状としては貧血、食欲や元気消失、黄疸などが現れます。

4.ライム病

スピロヘータのボレリア菌の感染が原因で起こる病気で、病原体を持つマダニに吸血されたときに動物の体内に入り感染します。北海道で多く報告されていますが、関西でも報告されています。症状は発熱や全身性麻痺、起立不能、歩行異常がみられます。この病気は人も感染する人畜共通伝染病の1つです。

5.その他

その他、マダニ介在性疾患としてQ熱、ダニ介在性脳炎、日本紅斑熱が近年人において報告されています。

ノミ・マダニの駆除・予防方法

ワクチン接種の方法ノミやマダニの駆除の原則は、まず成虫を駆除することです。
成虫に対するお薬にはスポットタイプやスプレー、首輪などいくつかのタイプがありますが、それぞれ効果や使用方法、注意点などに違いがありますので獣医師に相談してその子にあった方法を選択するのがいいと思います。

ノミの場合、いったん成虫を駆除してもじゅうたんや畳の中、部屋の隅など周囲の環境中にはノミの卵や幼虫、さなぎがたくさん存在しています。やがては、これらの予備軍が成長して成虫となり、再び猫ちゃんに寄生してしまいます。したがって、再び寄生されないように継続して予防することと成虫だけでなく環境中の『ノミ予備軍』の対策も合わせて行うことが大切です。

スポットタイプには成虫のお薬と卵や幼虫の発育を阻止するお薬の両方が入ったものもあります。掃除機をこまめにかけるだけでもすいぶんと違うようです。

また、天気のいい日には猫ちゃんが愛用している敷物やクッションを干すのも効果的な方法です。
現在、部屋の中ではエアコンや加湿器の影響で一年中繁殖が可能なので一年を通しての駆除・予防が必要です。

マダニの成虫は皮膚に喰い付いて寄生していますので、見つけたときはむやみに引っ張ると皮膚の中にマダニの頭が残ってしまい化膿することがありますので、うまく取れないときは動物病院で取ってもらうようにしましょう。マダニの中には寒い冬にも活動する種類もいます。ノミと合わせて一年を通して予防するようにしましょう。

ノミ・マダニの総合的な対策

確実なノミ・マダニ対策を行うために、以下の5点を考慮する必要があると思います。

  1. 動物に対して安全であること
  2. 確実かつ即効性があること
  3. 再寄生しないように持続性のあること
  4. 吸血を必要とせず作用すること
  5. 生活環境中にいる卵や幼虫などの『予備軍』も考慮されていること

 

複数の製剤を併用して上記5点を満たすことも可能ですが、現在ではノミの成虫とマダニの両方を駆除でき、なおかつ卵や幼虫の成長も抑制する成分が入っている製剤(フロントライン・プラス)があり、これを予防的・定期的に使用するのが最も良いと思います。
このフロントライン・プラスは、皮膚に薬剤を滴下するスポットタイプで、猫ちゃんもほとんど嫌がりませんし、使いやすく、哺乳類には作用しませんので非常に安全性が高く安心して使用できます。
また、シャンプーしてもしっかりと効果は持続しますし、なおかつノミやマダニの吸血を必要とせず駆除できますので、吸血によって起こるノミアレルギーやノミ・マダニ媒介性疾患に感染することもなくなります。ノミ・マダニ駆除剤にはこの製剤以外にも他のスポットタイプやスプレー、首輪など様々なタイプがありますので、獣医師と相談してその子にあった方法を選択するのがいいと思います。