大阪府吹田市のシャル動物病院は動物看護師を求人しています。

大阪府吹田市五月が丘の動物病院
ペットの悩みから飼い方まで|大阪・吹田・千里・南千里

電話番号:06-6816-7887急患随時受け付けいたしております。

ねこちゃんのワクチン
HOME  >  考えてあげたい健康管理と予防  >  猫(ねこ)ちゃんの病気予防  >  ねこちゃんのワクチン

ねこちゃんのワクチン

混合ワクチンの目的

ワクチンの接種は伝染病に対して抵抗力(免疫)をつけるために行う大切なものです。ワクチンで予防できる伝染病はいずれも感染すると命に関わることもある恐ろしい病気です。
ワクチンを接種しておけば、万一その病気に感染しても発症しないように体を守り、また発症しても軽症で済んだりします。予防できる病気で猫ちゃんが苦しむことがないように定期的にワクチン接種をしてあげてください。

  • 混合ワクチンの種類
  • ワクチン接種の方法
  • ワクチン接種後の注意点

混合ワクチンの種類

猫ちゃんの混合ワクチンの違い一般的には3種混合ワクチン(猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症、猫汎白血球減少症)を接種します。
アメリカの専門家はこの3種類の病気に対するワクチンをコアーワクチンと呼び、その重大性と広く存在していることからすべての猫ちゃんに接種することが推奨されています。

その他の病気(猫白血病、クラミジア感染症)に対するワクチンはノンコアーワクチンと呼ばれ、これらの病気に感染する恐れがある場合のみ接種されるべきワクチンと定義されています。

特に猫白血病に対するワクチンは世界各地で死亡例を含む重大な副作用の報告があり、当院でも通常は3種混合ワクチンの接種をお勧めしております。
猫白血病に関してはその子の生活環境などから感染する可能性が高く、ワクチンのデメリット(副作用)よりメリットの方が大きいと判断できる場合のみ接種することをお勧めしています。

ワクチン接種で予防できる病気

1.猫ウィルス性鼻気管炎(FVR)

猫のヘルペスウィルスが原因の病気で、一般に「猫風邪」と呼ばれています。
このウィルスは感染力が強く、感染猫との接触による直接感染やくしゃみによる飛散から空気感染することもあります。ヘルペスウィルスに観戦すると、食欲低下、発熱、鼻水、くしゃみのほか、結膜炎がみられ、進行すると蓄膿症や肺炎になることもあり、重篤な場合は死亡することもあります。

2.猫カリシウィルス感染症(FCV)

カリシウィルスによる伝染病です。
初めは、食欲低下、発熱、鼻水、くしゃみといった猫ウィルス性鼻気管炎と大変よく似た症状がみられますが、さらに症状が進むと、舌や口の中に潰瘍ができたり、腸炎を起こし下痢をする場合もあります。
感染した猫の分泌物や排泄物には多量のウィルスが含まれ、感染猫との接触による直接感染やくしゃみによる飛散から空気感染することもあります。

3.猫汎白血球減少症

猫のパルボウィルスによる感染症で、激しい腸炎と白血球減少を特徴とします。
パルボウィルスに感染すると元気消失、食欲低下や発熱に続いて、嘔吐が認められ、さらに病気が進行するに従って、水様便(ゆるい便))あるいは血様便(便の中に血が混じっている便です。)の下痢がみられ、脱水症状を引き起こします。

また、このウィルスは骨髄も破壊するため血液中の白血球が極端に減少します。極めて死亡率の高い伝染病で、体力のない仔猫などでは1日で死亡することもある恐ろしい病気です。
主に感染猫との接触や感染猫の糞便から感染しますが、感染力が非常に強く、人の靴に付着して外部から運び込まれたウィルスが感染源になることもあります。病気の進行が早く、致死率も高いため、ワクチンによる予防が重要です。

4.猫白血病ウィルス感染症(FeLV)

オンコウィルス(レトロウィルスの一種)によって引き起こされる感染症です。
名前の通り白血病を引き起こすだけでなく、骨髄の働きが低下して貧血や免疫力の低下が起こったり、流産、腎臓病、リンパ腫など様々な病気の原因になります。
このウィルスは主に感染猫の唾液から感染します。
一般的には感染してから発病までの期間が長く、その間は見かけ上健康に見えますが、急性の症状が出ると、4日以内に約半数が死亡します。また病気が慢性の経過をたどっても、発病してから3年以内に約80%が死亡するという恐ろしい病気です。

5.クラミジア感染症

猫のクラミジア感染症の主な症状は粘着性の目ヤニを伴う慢性持続性の結膜炎です。
軽い鼻水やくしゃみ、咳などが見られることもあります。感染経路は感染猫との接触によるもので、感染猫の目ヤニ、鼻水、唾液などが感染源となります。

ワクチン接種の方法

ワクチン接種の方法仔猫は母親からの母乳を介して母親の持つ免疫を譲り受けます。これを移行抗体と呼んでいますが、この母親から譲り受けた免疫は一時的なものでしかなく、生後8週齢くらいで徐々に効果がなくなります。この移行抗体の効力が切れる時期が仔猫にとって大変危険な時期で、この頃に病気にかかりやすくなります。

しかし、母親譲りの免疫がまだ残っている時期にワクチンの接種をしても十分な免疫効果を得ることができません。母親から譲り受けた免疫力がなくなったときに、タイミング良くワクチン接種を行うことができればよいのですが、実際には困難なことです。

そのため、より確実に免疫力をつけるために生後8週齢で1回目のワクチン接種を行い、その4週間後にもう一度追加接種を行います。ワクチンの接種によって作られる免疫効果も一生続くものではなく、時間の経過とともに効果が薄れてしまうので継続してワクチンを接種してあげることが大切です。

仔猫のワクチンプログラムが終了後は年1回のワクチンの追加接種が現在推奨されています。
大切な猫ちゃんが元気に暮らせるように予防できる病気はしっかりと予防してあげましょう。

【一般的なワクチンプログラム】

  • 生後8週齢 ・・・1回目ワクチン接種
  • 生後12週齢 ・・・2回目ワクチン接種
  • その後は年1回のワクチン接種

室内飼育の猫ちゃんもワクチンは必要?

室内飼育でほとんど外に出ないのでワクチンは要らない!と思っている飼い主さんも多いようですが、伝染病の中には空気感染するものもありますので、飼い主さんがウィルスを運んでくることもあります。「絶対に大丈夫」ということは誰にも分かりませんので、ワクチン接種をしておいた方が安心です。

ワクチン接種後の注意点

ワクチン接種の注意点ワクチンはもちろん体調が良いときに受けることが大切ですが、ワクチン接種により、接種直後~数時間の間にまれにアレルギー反応(副反応)を起こす場合が認められています。確率的には5千~1万頭に1頭くらいの割合ですが、事前に予測することができません。
そのため、ワクチンのメリットとデメリットを天秤にかけて、ワクチン接種を行うかどうかを判断する必要があります。

しかし、一般的にはワクチンを接種せずに伝染病にかかる確率に比べ、ワクチンの副作用が出る確率のほうがずっと低いので、ワクチン接種はしたほうがよいと思います。

ワクチン接種によるアレルギー反応 猫(ねこ)ちゃんのアレルギー反応
  • 局所(注射部位)の痛み、発赤、腫れ
  • 顔が腫れる
  • 嘔吐
  • 元気がなくなり、ぐったりする
  • ショック症状のため舌や粘膜の色が白くなる
  • 呼吸困難

ワクチン接種した当日はできるだけ安静にしてあげてください。
重度の副反応は非常にまれですが、もし様子がおかしいと思ったらすぐに動物病院に連絡してください。
また、ワクチン接種後1週間はシャンプーなどストレスを与えることは控えてください。