大阪府吹田市のシャル動物病院は動物看護師を求人しています。

大阪府吹田市五月が丘の動物病院
ペットの悩みから飼い方まで|大阪・吹田・千里・南千里

電話番号:06-6816-7887急患随時受け付けいたしております。

わんちゃんのワクチン
HOME  >  考えてあげたい健康管理と予防  >  犬(わん)ちゃんの病気予防  >  わんちゃんのワクチン

わんちゃんのワクチン

病気を未然に防ぎましょう

ワクチンの接種で予防できる病気というのは、感染すると命にかかわるかも知れない恐ろしい病気です。
これらの病気にかかってしまう前に、あらかじめワクチンを接種して、犬や猫の体の中に抵抗力をつけておき(抗体と呼んでいます)、万一感染しても体を守り発症しないように、また、発症しても軽症で済むようにしておくことがワクチンを接種する目的です。
子犬や子猫は、母親からの初乳を介して、母親の持つ免疫を譲り受けます。
これを移行抗体と呼んでいますが、この母親から譲り受ける免疫は、一時的なものでしかありません。
移行抗体が有効な期間はそれぞれの病気によっても異なりますし、徐々に効果はなくなります。
この移行抗体の効力が切れる時期が、病気に対する抵抗力が失われている、子犬や子猫たちにとっても大変危険な時期といえます。
しかし、母親譲りの免疫がまだ少し残っている時期にワクチンの接種をしても、十分な免疫効果を得ることができません。
そのため、より確実に免疫を作るために、初回の接種の後、1回から2回の追加接種を行います。ワクチンの接種によって作られる免疫も一生続くものではありません。
動物病院で獣医師と十分に相談し、継続してワクチン接種を受けるようにしてください。予防できる病気は必ず予防しておきましょう。また、犬の飼い主さんは、狂犬病の予防接種も毎年忘れずに済ませてください。

  • ワクチンの種類
  • ワクチン接種の方法
  • ワクチン接種後の注意点

狂犬病予防注射

日本では狂犬病予防法により、生後90日を過ぎたすべての犬への予防接種が義務付けられています。狂犬病は、犬だけでなく人を含むすべての哺乳類に 感染して、発症するとほぼ100%死亡する病気です。日本での発生は、1957年以降ありませんが、それは世界的には珍しいことで、世界でも狂犬病がみら れないのは、日本、イギリス、オーストラリア、台湾、ハワイなどに限られています。日本に近い中国や韓国も含め、海外ではまだ広い地域で狂犬病が発生して います。近年では、ペットブームの影響で海外からの動物の輸入数が急増しており、日本にも狂犬病がいつ入ってくるかわからない状況になっています。
ちなみにアメリカでは猫にも狂犬病予防接種が義務付けられています。
必ず、年1回の狂犬病予防接種を受けましょう。

混合ワクチン

混合ワクチンの違い

◎混合ワクチンの目的

ワクチンの接種は伝染病に対して抵抗力(免疫)をつけるために行う大切なものです。ワクチンを接種しておけば、万一その病気に感染しても発症しないように体を守り、また発症しても軽症で済んだりします。ワクチンで予防できる伝染病はいずれも感染すると命に関わることもある恐ろしい病気です。予防できる病気でワンちゃんが苦しむことがないように定期的にワクチン接種をしてあげてください。

◎ワクチン接種で予防できる病気

1.ジステンバー

ジステンパーウィルスの感染によって発病します。感染力が強く、死亡率も非常に高い犬の代表的な病気です。空気感染とジステンパーウィルスに感染した犬の鼻水・目ヤニ・尿などから直接うつる場合があります。
仔犬に発生が最も多く見られ、感染すると発熱、食欲不振、粘性の鼻水・目ヤニといった初期の症状から呼吸器系・消化器系に広がり、激しい咳(呼吸器系)や下痢・脱水(消化器系)などの症状が現われ、てんかん様発作・麻痺などの神経症状を引き起こすこともあります。

2.犬パルボウィルス感染症

パルボ(極小という意味)ウィルスによる急性伝染病で、チリやほこりに混じって長期間生存するたいへん抵抗性の強いウィルスです。
仔犬が突然死してしまう心筋型と、激しい下痢・嘔吐を引き起こし、食欲がなくなり、衰弱していく腸炎型があります。
感染した犬の便の中にこのウィルスが含まれ、感染源となります。伝染力が強く、仔犬にとって死亡率の高い恐ろしい伝染病です。

3.犬伝染性肝炎

犬アデノウィルス(1型)の感染によります。感染した犬の便・尿・唾液などから経口感染します。
発熱、食欲不振、下痢・嘔吐、目(角膜)が白く濁るといった症状を示し、肝炎を起こします。

4.犬伝染性喉頭気管炎

犬伝染性肝炎と同様、犬アデノウィルス(2型)の感染によるもので、『ケンネルコフ(犬の呼吸症候群)』の原因の1つです。
咳を主な症状とする呼吸器系疾患を引き起こします。特に他のウィルスや細菌と混合感染すると、肺炎や扁桃炎を引き起こすなど症状が重篤になります。

5.犬パラインフルエンザ

伝染力が非常に強く感染した犬との接触や咳・くしゃみなどから空気感染します。単独での感染よりも犬アデノウィルス・ボルデテラ・マイコプラズマなどの色々なウィルスや細菌と混合感染して、一般的に『ケンネルコフ』と呼ばれる呼吸器系疾患を引き起こすものとして知られています。激しい咳やくしゃみ、鼻水などが見られます。混合感染では気管支炎や肺炎などさらに症状が重篤になることもあります。

6.レプトスピラ病

レプトスピラという細菌が原因の伝染病で、犬だけでなく他の動物や人にも感染する人畜共通感染症の1つです。感染動物の尿中に細菌が排泄され、環境を汚染し感染源となります。ねずみの尿も感染源になります。
症状は嘔吐・下痢による脱水症状、体温低下、治療が遅れると尿毒症を引き起こし死に至る場合(カニコーラ型)と、黄疸や歯茎からの出血、血便などがみられる場合(イクテロヘモラジー型;黄疸出血型)があります。

7.犬コロナウィルス感染症

感染した犬の糞便から感染します。単独感染では軽度の嘔吐や下痢で自然に回復することがほとんどですが、パルボウィルスと混合感染すると症状が重篤になることが知られています。

ワクチン接種の方法

仔犬は母親からの母乳を介して母親の持つ免疫を譲り受けます。これを移行抗体と呼んでいますが、この母親から譲り受けた免疫は一時的なものでしかなく、生後6~13週齢くらいで徐々に効果がなくなります。この移行抗体の効力が切れる時期が仔犬にとって大変危険な時期で、この頃に病気にかかりやすくなります。しかし、母親譲りの免疫がまだ残っている時期にワクチンの接種をしても十分な免疫効果を得ることができません。母親から譲り受けた免疫力がなくなったときに、タイムング良くワクチン接種を行うことができればよいのですが、実際には困難なことです。そのため、初回のワクチン接種は無効になるかもしれませんが予想以上に早期に免疫力がなくなっていても危険ですので、より確実に免疫力をつけるために生後6~8週齢で1回目のワクチン接種を行い、3~4週間間隔でさらに2回の追加接種を行うのが一般的です。

この一般的な仔犬のワクチンプログラムでは、最終接種が最短でも12週齢となり、仔犬の社会化にとって一番大切な生後3~12週齢の間は免疫力が十分でないために、外の世界や他のワンちゃんとの接触が制限されるために、仔犬の社会化にとって1つの大きな障害になっていました。しかし、現在はワクチンの開発が進み移行抗体が存在する生後4週齢から接種可能なワクチンが開発されています。これにより最短で生後10週齢で仔犬のワクチンプログラムを終了することができます。早期のワクチン接種により他のワンちゃんとの接触や散歩に連れて行ってあげれる時期も早まり、免疫力と仔犬の社会化の両方を考慮した仔犬のワクチンプログラムが可能となります。動物病院で健康状態をチェックしてもらったうえで、その子に一番いいワクチンプログラムを獣医師とよく相談しましょう。

ワクチンの接種によって作られる免疫効果も一生続くものではなく、時間の経過とともに効果が薄れてしまいますので継続してワクチンを接種してあげることが大切です。仔犬のワクチンプログラムが終了後は年1回のワクチンの追加接種が現在推奨されています。アメリカでは最近2~3年ごとの接種も検討されていますが、日本ではまだ結論が出ていません。大切なワンちゃんが元気に暮らせるように予防できる病気はしっかりと予防してあげましょう。

【一般的なワクチンプログラム】
生後6~8週齢  ・・・1回目ワクチン接種
生後9~11週齢 ・・・2回目ワクチン接種
生後12~14週齢・・・3回目ワクチン接種
                            ↓
その後は年1回のワクチン接種

【仔犬の社会化も重視したワクチンプログラム(最短)】
生後4週齢  ・・・1回目ワクチン接種
生後7週齢 ・・・2回目ワクチン接種
生後10週齢・・・3回目ワクチン接種
                          ↓
その後は年1回のワクチン接種
 

 

室内飼育のワンちゃんもワクチンは必要?

「室内飼育でほとんど外に出ないのでワクチンは要らない」と思っている飼い主さんも多いようですが、外に散歩に行っている場合は感染の危険性はあり ます。また、伝染病の中には空気感染するものや、飼い主さんがウィルスを運んでくることもあります。「絶対に大丈夫」ということは誰にも分かりませんの で、ワクチン接種をしておいた方が安心です。

ワクチン接種後の注意点

ワクチンはもちろん体調が良いときに受けることが大切ですが、ワク チン接種により、接種直後~数時間の間にまれにアレルギー反応(副反応)を起こす場合が認められています。確率的には5千~1万頭に1頭くらいの割合です が、事前に予測することができません。そのため、ワクチンのメリットとデメリットを天秤にかけて、ワクチン接種を行うかどうかを判断する必要があります。 しかし、一般的にはワクチンを接種せずに伝染病にかかる確率に比べ、ワクチンの副作用が出る確率のほうがずっと低いので、ワクチン接種はしたほうがよいと 思います。

ワクチン接種によるアレルギー反応 犬(わん)ちゃんのアレルギー反応
  • 局所(注射部位)の痛み、発赤、腫れ
  • 顔が腫れる
  • 嘔吐
  • 元気がなくなり、ぐったりする
  • ショック症状のため舌や粘膜の色が白くなる
  • 呼吸困難

ワクチン接種した当日はできるだけ安静にしてあげてください。
重度の副反応は非常にまれですが、もし様子がおかしいと思ったらすぐに動物病院に連絡してください。
また、ワクチン接種後1週間はシャンプーなどストレスを与えることは控えてください。